【PR】ザ・ライクラ・カンパニー 100%エコ素材「COOLMAX®エコメイド」が有力ブランドに選ばれる理由 (前編:ナナミカ、ラコステ)

2022/06/16 00:00 更新


Medium infeed

 クールマックス®ブランドは、クールでドライな快適さで有名です。ザ・ライクラ・カンパニー(米国デラウェア州)が開発した100%使用済みPETボトルリソース(GRS認証)から作られたクールマックス®エコメイド ファイバーは、「環境にやさしく、機能的で普段着に適している」「天然素材と混ぜてもバランスが取れている」「環境に配慮した機能的でクールな商品を企画できる」などの理由から、パフォーマンスや日常のコレクションのエコ素材として採用が増え、発売以来サステナビリティ(持続可能性)を意識した消費者からの支持が高まっています。

THE NORTH FACE PUPRLE LABEL

株式会社ナナミカ 企画グループMD 遠藤 誠也 さん

ナナミカ「ザ・ノース・フェイス パープルレーベル」を企画する遠藤誠也さん
「ザ・ノース・フェイス パープルレーベル」は商品群の中軸にある布帛シャツ、パンツ、Tシャツなどに「クールマックス®エコメイド・ファイバー」を採用。22年秋冬物ではたて糸にオーガニックコットン、よこ糸にクールマックス®エコメイド・ファイバーを使用したオックスフォードシャツや、ポリエステル系複合繊維「ライクラT400」を使用したチノパンツを企画している。

天然素材と好相性
街で快適に過ごすベストバランス

 ナナミカが企画から販売まで手掛ける「ザ・ノース・フェイス パープルレーベル」は「都会で機能するアウトドアウェア」を追求するブランドです。「ザ・ノース・フェイス」(ゴールドウイン)がアウトドアブランドとしてフィールドの目的に合わせたスポーツウエアを作るのに対し、私たちは日々手に取る洋服であり、都市生活における快適さや機能とファッションのベストバランスを目指します。

 そのため、素材選びや素材をどのようなアイテムに展開するかは非常に重要です。吸汗速乾性機能素材「クールマックス®ファイバー」と、天然素材の組み合わせは、着用シーンが多く、着回しが効く、ベーシックな定番アイテムに採用しています。クールマックス®ファイバーは何年にもわたってアップデートを積み重ねた、バランスの良い素材であり、素材ブランドとしても確立され、信頼し安心して使える素材ですね。

環境にもヒトにも優しい主力商品

 また今回、採用した「クールマックス®エコメイド・ファイバー」は再生ペットボトルを原料とした100%リサイクルのエコ素材です。ゴールドウイングループでは環境負荷低減素材の採用へ移行するグリーンデザインの推進、2050年までの段階的なカーボンニュートラルの目標を掲げており、環境に優しいクールマックス®エコメイドは、私たちの目標・思いに沿っている素材です。

天然素材と機能素材のベストバランスを

 ナナミカがプロデュースするザ・ノース・フェイス パープルレーベルではこれからも「定番だけど新しい」商品を作り続けていきたいと考えています。そのためにも、クールマックス®エコメイド・ファイバーのような機能素材と天然素材のハイブリッドな素材開発は、物作りの考え方に欠かせません。環境への配慮、街中で快適に過ごす服を提供する“パープルレーベルの使命”を実現するためにも差別化ができる素材です。2023年SSの商品企画でも、素材の可能性を検討していきたいですね。

LACOSTE

株式会社ラコステ ジャパン 生産部シニアデザイナー 與縄 融 さん

ラコステ ジャパンの生産部シニアデザイナーの與縄融さん
「ラコステ」の22年SSアイテムでは「クールマックス®エコメイド・ファイバー」を半そでシャツ、ビジネスシャツ、ビズポロ、レディスの16ゲージニットなどに採用。トレンドに合わせて、カッターシャツだったり、素材をジャージーにし、売れ筋商品になっている。

カジュアルからビジネスまで幅広く
着用シーンのニーズに応える素材を提案

 「ラコステ」はスポーティーでクリーンなイメージを持つ人が多いと思いますが、現在では多様なテイスト、着用シーンを持つブランドに変貌しています。テニスウエアが起源なのでスポーツテイストはもちろん、若い消費者にはストリート、30代以上には「ビズポロ」(ビジネスシーン対応ポロシャツ)など、幅広いライフスタイルをカバーしています。ライフスタイルには様々な着用機会があり、服に求めるニーズが変わります。例えばビジネスシーンでは清潔感や快適性が求められます。ラコステの物作りを支える一つの要素に「着用シーンを意識した素材選び」があります。

信頼できるからこそ、選びたい

 「クールマックス®ファイバー」との出会いは前職の時代で、機能の優秀さ、信頼性を実感していました。ラコステに移って、快適でクリーン、安心して提案できる素材でビジネスアイテムを作りたいと思い、クールマックス®ファイバーを選びました。クールマックス®ファブリックはシンガポールのラボで全ての見本がクールマックス®の品質基準に合致するか試験されており、厳格な審査をパスしなければクールマックス®ファイバーのタグが発行されません。ここまで「機能を体感できる」ことにこだわる素材を私は知りません。マーケティング面でも素材ブランドとして確立されており、安心して使うことができます。

 さらに「クールマックス®エコメイド・ファイバー」はCSR(企業の社会的責任)、サスティナビリティの観点から、当然のように使うべき素材です。ラコステブランドとして、今後環境に配慮したビジネスを重視する方針が出されておりますので、合繊繊維でリサイクル素材を使うことは、当然の選択です。

機能も、かわいいも大事

 クールマックス®エコメイド・ファイバーを使った商品は多岐にわたります。レディスのニットは初夏でも売れる人気商品で、オフィスの冷房や、紫外線の対策として、女性が求める機能に応えながら、前開きやTシャツタイプなど可愛らしさを加えると、「オフィスに1枚」「バッグに忍ばせて」となります。機能性や信頼性、環境にいい事を、自信を持ってお勧めできる。クールマックス®エコメイド・ファイバーはそういう素材です。

GRS認定の100%エコ素材「COOLMAX®エコメイド」がブランドのサステイナビリティを高める。「COOLMAX®エコメイド・ファイバー」は廃棄されるペットボトルを樹脂化し、紡績まで6段階の工程を経て、100%PET繊維(ポリエステル)に再生。従来のバージンPETを使用したものと比較して、「86%以上のエネルギー節約と77%以上のCO2削減に貢献」し、国際的なGRS(グローバル・リサイクルド・スタンダード)に認定されている。

※クールマックス®(COOLMAX®)ブランドはThe LYCRA Companyの商標です。

■各社のホームページはこちらから

ザ・ライクラ・カンパニー

COOLMAX® EcoMade technologyビデオ動画

ナナミカ THE NORTH FACE PURPLE LABEL

LACOSTE

(企画・制作/繊研新聞社 業務局)

ファッションとサステイナビリティー トップへ戻る

関連キーワードサステイナブル


Bnr counter agreement cp
Bnr denshiban cp

この記事に関連する記事

Btn gotop