コロナ下に希望や創造力 ボン・マルシェ恒例の現代アート展

2021/01/08 11:00 更新


Medium l amazone erogene  projet pour les verrieres centrales  2020.  c  l. leonard  g. drossart  prune nourry studio
ⒸL.LEONARD,G.DROSSART/PRUNE NOURRY STUDIO

 パリ左岸の百貨店ル・ボン・マルシェは、新年恒例の現代アート展を1月9日から開く。これは同店創業者アリスティド・ブシコーが19世紀後半に発案した新年の寝具の販促「白い月」にちなむもの。現代アーティストに、白を基調にすることだけを条件にカルトブランシュ(白紙委任状)を渡し、店に展示する巨大な作品を依頼する。

 今年は35歳のフランス人アーティスト、プリューヌ・ヌーリーによるアマゾンをテーマにした彫刻がショーウィンドーと本館中央吹き抜けの空間を美術館に変える。アマゾンは自身が体験した乳がんからの回復のメタファー。1800本以上の矢が乳がんに見立てた的に向かう。弓矢で体を守る。

 「希望や創造力が病気から立ち上がる重要な鍵となる。それをこの作品で伝えたかった」とヌーリーは説明する。ボン・マルシェのアーティスティック&イメージディレクター、フレデリック・ボデヌさんは「私たちの願いは現代アートを通して本物の感動と発見をお贈りすること」と話した。

プリューヌ・ヌーリー Ⓒ LE BON MARCHE RIVE GAUCHE

(パリ=松井孝予通信員)


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop