レディス秋冬商戦 コート中心に防寒物振るわず

2020/03/02 06:28 更新有料会員限定


Medium %e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%9a%e3%83%aa%e3%82%a2

 レディスアパレルの秋冬商戦は厳しい結果に終わった。コートの不振が際立ち、ニットも低調だった。暖冬や消費増税の影響との見方もあるが、消費の選択眼がシビアになり、気に入った物しか買わない傾向が強まっている。来秋冬はコートを中心に生産を抑制する動きが強まるのは必至だ。

(武田学)

【関連記事】レディス春夏商戦 アウター控えワンピース重点

 19~20年秋冬商戦は10月の増税後は低調だった。コートについては増税前に若干動いたが、10月はほぼ止まり、11月後半になっても気温が大きく下がらなかったため、年末まで盛り上がらなかった。

◇11月からセールも

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop