レディス春夏商戦 アウター控えワンピース重点

2020/02/27 06:27 更新会員限定


Medium %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5  93

 レディスの今春夏MDはアウターを抑え、ワンピースやセットアップを中心に売り上げを確保する傾向だ。ブランドの強みを生かし、時期別に細かく重点を定めて店頭で仕掛けていく。

(武田学)

◆夏物が長丁場に

 春夏商戦は以前は売り上げのピークだった3月までの比重が軽くなり、4月以降の夏物が長丁場になっている。特に、ここ数年はスプリングコートを中心とするアウターが厳しく、気候の変化も不規則なため、MDの難しさが増している。

 今春はスプリングコートをさらに縮小し、ワンピースを拡充するほか、オケージョン対応を含めたセットアップも強化アイテムだ。コートは近年、気候の変化から実需期が短くなっているため、多くのブランドがトレンチを含めて供給を抑えている。防寒タイプではなく、薄手の羽織り物感覚のコートやブルゾンへのシフトが進む。

関連キーワード無料会員限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop