関西のファッションビル、春の改装 新客狙い業種拡大

2020/02/20 06:27 更新有料会員限定


Medium %e3%81%8a%e3%82%84%e3%81%a4%e3%82%bf%e3%82%a6%e3%83%b3

 関西地区のファッションビル、駅ビル、地下街の20年春のリニューアルで、客層を広げるための業種拡大が目立つ。ここ2、3年続くフードホールなど飲食の拡大だけでなく、生活雑貨、アミューズメント、教育関連と幅が広がっている。いずれも新規客層の獲得を主な狙いとしている。

(古川富雄)

 なんばパークスはセレクトショップ、インポートブランドなど上質な大人向けテナントを柱にする。この路線は継続するが、難波駅の利用者を広く取り込むことをここ数年の課題にしている。都心部にありながら広大な屋上庭園「パークスガーデン」(面積は約1万1500平方メートル)は競合施設にはない強みとして、17年春から段階的にリニューアルし、体験型施設に作り変えてきた。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop