「カピエ」 19春夏 スポーティーでシックな大人ニット

2018/09/18 11:00 更新


Medium kaapio2019ss l3

 レディスニットブランド「カピエ」(大島郁)の19年春夏コレクションは、横編みアイテムから遠ざかってしまいがちな春夏に、日常に取り入れてほしいという思いを込めた。

【関連記事】レディスニットの「カピエ」 国内産地の技術生かす

 スポーティーシックをテーマに、ストッパー付きのドローストリングやパターンの取り方、スポーツウェアのような編み地で存在感のあるアイテムに仕上げている。一つ加えることで、いつもと違ったスタイルを楽しめること、シーズンレスで着られることも考えてデザインした。

 スポーティーなアイテムは、大きめシルエットのパーカやウエストの両サイドをドローストリングにしたTシャツなど。

 一方、細い糸で編んだ、きれいに透けるプルオーバーやマルチカラーのプリーツスカートもあるが、フェミニンに寄らずすっきりした仕上がりだ。組み合わせるとスニーカーに合いそうな雰囲気が今っぽい。パーカやジャケットは糸と編み方の工夫で、だれないようにしている。

 透けるプルオーバーは繊細でさらりとした肌触り。編み方を変化させることで陰影のある表情にした。

 ミラノリブとジャージーをドッキングし、裾の一部をひらりと切り出したTシャツ、たっぷりシルエットのスキッパー風トップなど、より取り入れやすいものも揃う。

 専門店向け卸のほか百貨店での期間限定店で販売しており、26日からは伊勢丹新宿本店で開催予定。

プルオーバー9万2000円、スカート7万5000円

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop