伊藤忠商事執行役員繊維カンパニープレジデント 武内秀人氏に聞く スポーツ、シューズなどに重点

2023/04/03 06:30 更新有料会員限定


武内秀人氏

 伊藤忠商事執行役員繊維カンパニーブレジデントに就任した武内秀人氏。前任の諸藤雅浩氏から2代続けてブランド事業の責任者が繊維カンパニープレジデントに就いた。「事業ポートフォリオを図式化し、得意領域で勝負する」と話す武内氏に今後の方針、施策を聞いた。

(北川民夫)

得意を見える化

 総合商社の中で繊維の看板を維持している伊藤忠の歴史や業界のリーダーであることの重みをひしひしと感じています。前任の諸藤さんが、事業の低重心化を進めるとともに、スポーツ領域を中心に多様な手を打った。まずは、これらの仕掛けを結実することが大事です。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

申し込み当月購読料
無料キャンペーン実施中

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事