「イッセイミヤケ・メン」20~21年秋冬でブランド休止

2020/07/28 12:30 更新


 イッセイミヤケは、メンズの「イッセイミヤケ・メン」を20~21年秋冬をもって休止する。78年にイッセイミヤケのメンズブランドとしてスタートし、85年秋冬コレクションからパリ・メンズコレクションで発表してきたブランドが42年の歴史に幕を下ろす。

 休止の理由は「男性服の新たな可能性を探る取り組みを始めるため」。ものづくりの選択の一つとして、休止を決めた。新型コロナウイルスの感染拡大以前から検討していたとし、一部で報道されている経営不振とは異なる事案という。店舗は東京・青山の路面店や百貨店のインショップを含めて、国内17店、海外に複数構えている。店舗の今後については調整中だ。

 イッセイミヤケ・メンは機能性と着やすさを基本に、伝統と最新技術を融合した服作りを続けてきた。12年春夏に現ブランド名に改名。14年春夏から高橋悠介をデザイナーに迎えてショーを行うなど、ブランドの刷新を行ってきたが、19~20年秋冬コレクションをもってショーを休止した。

 パリ・メンズコレクションでは現在、「オムプリッセ・イッセイミヤケ」が発表している。イッセイミヤケ・メンに替わる新たなメンズブランドについては現在検討中だが、詳細は決まっていない。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop