《ファッションビジネスは今、何をすべきか》ジンズホールディングス 田中仁CEO 既存業態を倒せる新しい形に挑む

2020/02/24 06:29 更新有料会員限定


Medium %e3%82%b8%e3%83%b3%e3%82%ba%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b9%e7%94%b0%e4%b8%ad%e4%bb%81%ef%bc%a3%ef%bc%a5%ef%bc%af

◇社会や顧客とともに変化する

「今の時代、店舗数が多いことは必ずしも良いことではない」と、新たなビジネスの形を探っている。

 デジタル社会への移行期で変化が激しいので、今の店舗のままでは通用しなくなる。日本一や世界一を目指してヨコ展開を急いじゃいけない時代。見るという事業ドメインで、今の眼鏡業態と違う形に、どう活用できるか。視力補正眼鏡の販売に加え、新たな体験ができる場として活用することが今の課題。

 アパレルはじめ各業界が変化の時期を迎え、個性がある一部の企業以外は業績が厳しい。どんなに隆盛を誇った店も、時代とともに変化できないと集客力が落ちるもの。時代に合わせて変化することが生き残りの条件。サラリーマン経営者ではなく、自ら事業を作る人でないと経営は難しいと感じます。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop