有力ショップに聞いた「1月のプロパー商品、何売る?」

2020/01/06 11:00 更新


Medium %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5  59

 有力ショップの1月のプロパー商品のイチ押しは、「即着」できる春物が充実している。春を感じさせるような明るくて柔らかい色、人気の別注商品、買ってすぐにでも重ね着して着られるトップアイテムを打ち出す。

【関連記事】売り場観測・専門店レディス12月 重点はウールコートにダウン

●アダム・エ・ロペ

色で春の風を吹かせて

 イチ押しは、ゆったりとした綿・ポリエステルのコート(3万5000円)だ。中に厚手のニットを着ても楽に羽織れるガウンシルエットと、軽めの素材感が特徴。色は春らしいベージュピンクとオリーブを揃える。非ウールのコートは19年秋冬でも好評だった。近年の暖冬傾向で、さらっと着られ、寒ければインナーダウンをインして防寒対策もできる点が支持されている。アウター類はCPOジャケット(2万4000円)も推す。

 「ECで爆発的に売れた」というバックスリットを入れたニットトップもイチ押しだ。秋冬に人気だったスラックスパンツ(1万4000円)は、新色のビビッドピンクとベージュを投入する。まだ寒い1月でも「即着」でき、シーズンレスで着回しできる商品として推していく。

ガウンシルエットのコートはベージュピンクで春らしく
春アウターとしてCPOジャケットを出す

●ローズバッド

人気の「ゲス」別注を復活

 2年ぶりに復活した「ゲス」の別注商品を販売する。〝今買って、今すぐ使える新作アイテム〟として、ロングTシャツ(6900円)とワンピース(1万1000円)を作った。ロングTシャツはユニセックスで着られるメンズサイズにした。左胸とバックにローズバッドのオリジナルカラーのロゴを配した。フード付きのスウェットワンピースは、柔らかく暖かい裏毛を使用。ルーズなサイズ感で、サイドにスリットを入れたのもポイントだ。レギンスやパンツに合わせたスタイリングを提案する。昨年12月中旬からECで先行販売し、ワンピースは発売して早速好評だった。

「ゲス」別注のワンピースはECの先行販売で好評

●シンゾーン

重ね着で楽しめるトップ

 「クラシックスポーツ」をテーマに、寒い時期から春先まで着られるプレ春物を販売する。厚手のセーターに飽きてくる時期に着やすい、首元がゆったりとしたハイネックのスウェットシャツ(1万6800円)やストライプのボタンダウンシャツ(1万7800円)がある。スポーティーなロゴ入りのロングTシャツ(1万1000円)、ラガーTシャツ(1万7800円)など重ね着にも使いやすく、コートの中に着て楽しめる春の商品を揃える。

セーターの代わりに着られるトップがイチ押し

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop