インブリード「ロジエ」 多彩なデニムと黒シリーズ

2020/11/24 10:58 更新


Medium %e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%96%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89 %e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e5%8a%a0%e5%b7%a5%e3%83%87%e3%83%8b%e3%83%a0

 レディスアパレルメーカー、インブリードの「ロジエ」21年春夏物はデニムやブラックを基調とした企画で、豊富なアイテムバリエーションを打ち出している。コロナ禍でカジュアル傾向が強まるなか、シーンレス、シーズンレスで着られる多彩なアイテムを揃える。

 デニムアイテムは岡山県倉敷市児島のファクトリーとの協業で、従来から強みの一つ。今回、コットン・テンセルデニムで、ナイロンタフタをサイドや身頃に部分使いしたコート(3万9000円)やジャケット、パンツ(1万9500円)などを企画。異素材ドッキングによる上品な光沢感、適度なシワやシャリ感などでエレガントな雰囲気を演出する。スーピマストレッチデニムは、ワンウォッシュとブリーチ加工で濃淡に差を出したインディゴとブルーのボトム(1万7500円~1万9500円)がある。

 新しい技術を駆使したレーザーグラデーション加工のパンツも。ミントやスモーキーピンクなどオリジナル5色のハイパーストレッチデニムのトップやボトムは幅広いコーディネートに対応する。

 ブラックではトリアセテート・ポリエステルのツーウェーストレッチで吸水速乾性も兼ね備えた機能素材を使用。コート(3万9000円)やワンピース、ジャケット、パンツの身頃などにキャプラや幾何学柄のレースを合わせたデザインもポイントだ。コットン・ポリエステル・レーヨンのブラウスやスカートなどには、立体感のあるフラワーエンブロイダリーレースを合わせてシックに仕上げた。デニムと合わせたカジュアルスタイルやセットアップでオケージョンニーズにも対応できる。

きれいなレーザーグラデーション加工のパンツ

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop