ハニーズHD 上期粗利益率は58%超 低コストと値引き抑制で

2020/01/09 06:29 更新会員限定


Medium %e3%83%8f%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%82%ba %e6%b1%9f%e5%b0%bb%e7%a4%be%e9%95%b7 20%e5%b9%b41%e6%9c%88  %e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba
江尻社長

 ハニーズホールディングスが利益を大きく伸ばしている。7日に発表した20年5月期の上期(6~11月)連結業績は、売上高241億6900万円(前年同期比2.5%減)に対し、営業利益は24億1600万円(49.7%増)。段階的に進めてきた中国の退店・撤退の影響で減収ながら、営業利益率10%を稼いだ。ミャンマーの自社工場での物作りを背景に粗利益率が大きく改善している。

(石井久美子)

【関連記事】ハニーズホールディングス5月期 客数伸ばし大幅増益

 「価格と品質のバランスがお客様に少しずつ認められてきた。国内の粗利益率は1.7ポイント増の58.5%で、低価格業態としては限界に近いレベルまで改善した」と江尻義久社長。連結の粗利益率は2.1ポイント改善し、58.6%。もともと国内は堅調だったが、赤字だった中国事業の撤退で連結増益にもつながった。中国子会社は19年12月に清算が完了した。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop