博多阪急、4階の婦人服・靴売り場改装 9月オープン

2017/08/18 04:30 更新


Medium %e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8901%2b%2b%2b%2b%2b%2b%2b
リラックス感ある空間を演出する「サニー&ボーダー」(イメージパース)

 博多阪急は、4階のキャリア向け婦人服、婦人靴売り場を9月20日に改装オープンする。11月まで、約19億5000万円をかけて行う開業来最大規模の改装の第1弾。婦人服、婦人靴とも自主編集・自主販売売り場を新設、婦人服は新たに「おしゃれ子育てママ」を対象に加え、着用シーン別の売り場に再編して買いやすさを訴求する。婦人靴はインポートブランドなど約20の新ブランドを導入して上質化する。

【関連記事】JR博多シティ、3月期売上高が過去最高を更新

 婦人服は従来のタウンスタイルに加え、オフィス、オフ、ドレスアップの四つのシーン別売り場を提案する。オフスタイル売り場には自主編集・自主販売の「サニー&ボーダー」(約132平方メートル)を新設、ベビーカーとともに入れる大きな試着室や居心地の良いレストスペースも備えて、公園やカフェをイメージした売り場とする。

 グラズヨガ、セントジェームス、パタゴニア、マディソンブルー、タトラスなど秋冬で約20ブランドで構成。ほかにオフスタイル売り場にエミ、スニーカーズ・バイ・エミ、オフィススタイル売り場にはトーナルを新規導入する。

 婦人靴売り場にも、国内外からセレクトした自主編集・自主販売売り場「シュシュレーヌ」(約56平方メートル)を新設、新規のパラブーツ、チェンバー、ペリーコ、ピッピシックなど約10ブランドを扱う。ほかにバリーやレペット、オゥバニスターなどが新たに加わる。



Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop