「ジバンシィ」22年プレフォール 伝統に立ち返りながら日常性を意識

2022/01/06 10:59 更新


Medium giv1
ジバンシィ

 「ジバンシィ」はこのほど、22年プレフォールコレクションを発表した。クリエイティブディレクターのマシュー・M・ウィリアムズはメゾンのテーラーリングの伝統に立ち戻り、現代的なレンズを通してブランドの原型を追求した。

 22年春夏ランウェーショーで見せたプロポーションとスケールに関する新たな挑戦から、さらに日常的なウィメンズとメンズアイテムにおける微妙なボリュームを追求した。象徴的なハードウェア、クラフト、革新的な技術も強調している。「私は未来に目を向ける一方で、ジバンシィの伝統を追求することに特に注力しました。またファッションは、今を生きることの意味を映し出すときに重要性を増すと思っています。日常の現実とクチュールならではの精密さ、エレガンス、ぜいたくさとの間には、常に緊張が存在します」とウィリアムズ。

ジバンシィ
ジバンシィ

 技術の追求を際立たせるのは、新しい〝アート〟デニムコレクション。ガーゼのオーバーレイや、時間をかけたプリント、デストロイ、ブリーチ、オーバーダイといった加工が各ピースに新たな魂を吹き込む。また、レーザーで施したモノグラムやブリーチしたジャカードなど、特殊な加工がデニムに深みを与える。

 ウィメンズのエッセンシャルアイテムの一つである構築的なスカートは、スリムカットのフレアパンツの上にレイヤードすることで縦長のシルエットを演出。また、昼夜を問わず着られるセパレーツは、力強いショルダーラインと切りっぱなしのディテール。ボリュームを抑えたペプラムは、フロントのファスナーがデイリーウェアを格上げする。背中を開けたスターストラップ付きのドレスは、構築的でありながら軽やか。ジャージーにレザーをボンディングしたウェアは、直接素肌にまとうようデザインされており、艶やかさとウィンドブレーカーの気軽さが融合したアイテムだ。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop