【ファッションとサステイナビリティー】豊和 「倉敷染」提案し省エネも

2019/12/08 00:00 更新


Medium %e8%b1%8a%e5%92%8c%e5%80%89%e6%95%b7%e6%9f%93%e3%82%b1%e3%83%9f%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5

 ジーンズ洗い加工大手の豊和は、安心安全を保証する産地ブランド「倉敷染」の提案に力を入れるほか、工場として環境に優しい物作りにも取り組んでいる。

 倉敷染は、豊和も加盟している岡山県織物染色工業協同組合が運営しており。グローバルSPA(製造小売業)が加盟している国際団体「ZDHC」の安全性基準を採用したもの。製品染めや洗い加工にも倉敷染の基準を採用しており、ケミカル加工や撥水(はっすい)加工など数多くの加工で安全性を確保。先般開かれたJFWジャパン・クリエーションでは、オゾンの力で脱色する「エアーウォッシュ」を採用した製品や、細部まで手作業にこだわったビンテージジーンズなどを披露した。

 生産環境にも配慮。排出される汚泥を肥料に使用するなど有害物質を排出しないような取り組みを以前から継続的に行っており、いち早くレーザー加工機も導入するなど、労働環境の向上にも力を入れてきた。今後はタブレットを工場内に設置し、生産管理などもデジタル化。従業員一人ひとりが水や電気の使用量などを見えるようにして、省エネにもつなげていく。

「倉敷染」の安全基準を満たしたケミカルウォッシュも

(繊研新聞本紙19年12月4日付)

ファッションとサステイナビリティー トップへ戻る

関連キーワードサステイナブル


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

Btn gotop