《FB用語解説》スマートスピーカー スマホに次ぐ検索ツールに

2017/12/15 04:00 更新


Medium %e5%86%99%e7%9c%9f%e3%81%af %e3%82%b0%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ab %e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0
写真は「グーグル・ホーム」(pianodiaphragm / Shutterstock.com)

 音声入力で、情報検索や連携する家電製品の操作ができる。アマゾンが米国で14年11月から提供を始めた「アマゾン・エコー」に続き、16年11月グーグル「グーグル・ホーム」が登場。その後、世界中の企業が参入・検討している。

【関連記事】《視点》あっという間に…

 日本では17年10月以降、グーグル、LINE、アマゾン、ソニーが提供を始めた。音声認識・自然言語処理などの技術を使いスマートフォンなどで利用される音声アシスタント機能を搭載。スマホより楽に使える検索ツールとして注目され、野村総合研究所は23年に国内世帯の48%に普及すると予測している。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop