「ディウカ」20~21年秋冬 ドレーピングで自由に表現

2020/03/26 10:58 更新


Medium %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5  15

 レディスブランド「ディウカ」は20~21年秋冬、得意のドレーピングを生かしたコレクションを作った。この数シーズン、日常に着やすいデザインや仕様を大切にしてきた。そのためシンプルでクリーンな印象が強かったが、今季は本来のディウカらしいエッジの利いた服が揃った。

 テーマは「ドラフト」。デザイナーの田中崇順は「ドレーピングは自分の中でインスピレーションを集約する場」と話す。「服は作り手の独り善がりではいけないため、最近は着心地を優先してデザインを洗練させることが多かったが、今回は作りたいアイデアを自由に形にすることから始めた」

【関連記事】「ディウカ」20年春夏 シンプルでドラマチック

 テーマを象徴するのは、生地が体をしなやかに巻き付けるように流れるドレスだ。シルク・コットンのグログランを使い、彫刻のような立体的なシルエットが特徴。毎シーズン定番のオリジナルの手描きプリント生地は、ストライプにボタニカル柄をのせた。パリと東京に実在する花屋から着想し、色彩で異なる印象を与える。アイテムはガウンやドレス。

今回のコレクションの起点になったドレス(6万2000円)
今季のオリジナルプリント生地で仕立てたドレス(5万6000円)

 アウターは段ボールニットやダブルフェイスなど暖冬にも対応する軽めのものを充実した。マントのような形の、量感のあるダウンジャケットもある。

段ボールニットのアウター(6万4000円)。同素材のトップもある

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop