会社都合退職者がいると申請できない?(助成金なう)

2018/04/06 17:30 更新


Medium shutterstock 583989691
Karen B. Jones / Shutterstock.com

わたしたち株式会社ナビットは、全国の助成金・補助金情報の検索サイト「助成金なう」を運営しております。このコラムでは、助成金・補助金の疑問や基礎知識をわかりやすく解説していきます。助成金・補助金に興味がある方は、是非ご参考ください!

今回のテーマは、「会社都合退職者がいると、助成金申請ができない?」です。

*助成金なうの過去ブログはこちら


会社都合の離職と助成金申請の関係

助成金申請手続きで書類を提出すると、ハローワークや労働局で、「この会社、会社都合の離職者があったので、書類は受理できません」と言われることが時々あります。

雇用関係の助成金の多くは、従業員の雇用の安定を目的としている為、「会社都合」による退職や解雇は、助成金の目的に反していると取られます。

したがって、「会社都合の離職」があった事業所は、一定期間は雇用関係の助成金はもらえないということになります。


会社都合の離職とは?

まずはその「会社都合の離職」とは何かと言うことになりますね。従業員が会社を辞める場合は大きくわけて5つのパターンがあります。

①合意解約

②辞職

③定年

④期間の満了

⑤解雇

基本的にはこの中の⑤「解雇」が「会社都合の離職」に該当し、使用者による労働契約の解除を言います。さらにこの⑤は、主に次のように分類されます。

A) 会社都合の解雇(人員整理など)

B) 退職勧奨

C) 懲戒解雇

※上記で全パターンという訳ではありません。あくまでも主だったところです。

このなかで、「懲戒解雇」はここでいう「会社都合」には、基本的に該当しません。「退職勧奨」は内容や実態によってです。


離職者に関する書類を提出する際の注意点

直近の例では、ある助成金の支給申請時に、「雇用保険の資格喪失の原因が『3』なので受理できません」と言われたものがあります。これは、雇用保険の被保険者が会社を辞めるとき、「雇用保険被保険者資格喪失届」という書類を提出します。その書類の中に、「喪失原因」という欄があり、それはすなわち会社を辞めた理由です。

ただこれがわかりにくい書き方になっているのです。その欄は、次の3つから選びます。


1.離職以外の原因

2.3以外の原因

3.事業主の都合による離職


確かにわかりにくいですね。

「1」は、被保険者の死亡などです。

「2」はいわゆる自己都合退職がほとんど。

「3」が今回の話題の会社都合の離職です。

その会社では、確かに会社都合の退職などは出ていませんでした。しかしこのわかりにくい表記によって、間違って「3」を選んでいたのです。今回は本当に間違えでしたので、それを訂正し、その後書類を再提出で無事に受理されました。

しかし、もしこれが本当に会社都合の離職で、それを助成金欲しさに訂正したとなれば大問題です。当然不正受給ということになります。

また、会社がよかれと思って本来は自己都合退職の人に「会社都合」としてあげて早めに雇用保険からの給付(基本手当)がもらえるよう配慮したとします。

そうすると、その「会社都合」が嘘ということで、こんどはそっちで問題が生じます。

みなさん、離職の際の書類にはくれぐれもご注意ください。


本日は以上になります。今後もよくある質問や、わかりにくい助成金・補助金の専門用語について解説していきます。是非、ご活用下さい!

▽全国の助成金・補助金検索サイト「助成金なう」はこちらから!

▽ご質問・ご相談は「みんなの相談室」まで


ナビットが運営するサイト「助成金なう」では、官公庁や地方自治体、財団・協会で公示されている全国各地の助成金・補助金を検索できる。また、旬な助成金・補助金のご紹介、助成金・補助金に関する疑問や基礎知識をわかりやすく解説するサービスも行っている。個人事業主や大手企業から、社労士や税理士など、業種・規模を問わず幅広い層が活用している。



関連キーワードレポートプラス


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop