「コエル」20年春夏 着回し提案が充実

2019/11/14 10:59 更新


Medium %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5  1

 モデルのヨンアさんがディレクションする「コエル」の20年春夏物は、1着で何通りかの着こなしができるスプリングコートやドレス、セットアップが多く揃う。

【関連記事】ヨンアさんがディレクションする「コエル」19年春夏

 色柄はくすんだピンクや柔らかな緑、花柄、ギンガムチェックがポイント。オーガンディやニットなど透け感のある素材で軽やかさを出す。

 変形トレンチコートをイチ押しする。取り外しできるケープ付きのツーウェー仕様で、ケープを外すとノーカラーのトレンチコートとして着られる。また、ケープはそのまま肩に掛けるだけでなく、ストールのように首に巻くなどして表情の変化を楽しめる。ベージュと紺があり、4万5000円。

 ドレスは、主要顧客層の30代のOLやママから「忙しい朝でも悩まずに決まる」と支持され、ブランドの定番アイテムとなっている。フレアやラップ風など種類を豊富に作った。

 セットアップも充実する。展示会で人気だったのは、ニットのチュニックとフレアパンツの組み合わせ。働く女性向けにはジャケットとパンツのスタイルも提案する。ジャケットは後ろをフレアにし、ゆったりとしたパンツには腰にフリルを小さく入れてフェミニンな雰囲気にした。

 ウェア以外にも、今秋からリップスティックの販売を始めて好評だ。コーラルピンクとローズピンク、アップルレッドがあり、2100円。「ファッションに彩りをプラスして、おしゃれを楽しんでもらいたい」とヨンアさん。

フレアシルエットのジャケット3万3000円、スタイリストのNIMUさんと協業したトップ1万6000円、フリルを装飾したパンツ2万3000円
花柄ジャカードのコートは3万6000円。紺と緑がある

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop