「シャルルシャトン」20年春夏 90年代の映画に着想

2020/01/23 10:58 更新


Medium %e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ab%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%88%e3%83%b320%e5%b9%b4%e6%98%a5%e5%a4%8f

 ベイクルーズグループのレディスブランド「シャルルシャトン」の20年春夏は、「儚(はかな)さ」がキーワード。90年代の映画からインスピレーションを受けて、当時のカルチャーやティーンのあやうげな雰囲気をデザインに取り入れた。

【関連記事】「スピック&スパン」20年春夏 デニムの新ライン開始

 キーカラーはブランド名を冠して「シャルルピンク」と呼んでいる薄いピンクやミントグリーン、パープルが中心。コーディネートを引き締める色として、ブラウンも使う。

 前シーズンに協業商品で販売したセットアップに卒入学式需要があったため、オリジナルでも企画し、バリエーションを増やす。コンサバになりすぎないようウエストを絞ったダブルのジャケットとパンツは、ビンテージスーツをイメージした。パンツには、ワンポイントとしてブランド名の頭文字のCの刺繍を入れた。

かっちりしたセットアップは入学式などの需要を狙う

 ビンテージのアイテムに着想したブラウスは、〝いなたい〟雰囲気のあるインド綿を使い、刺繍やレースを入れた。丈は短めにし、ハイウエストのボトムに合わせやすくした。新たに仕入れで水着も販売する。

刺繍やレースを入れたブラウスも豊富に企画した

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop