EU離脱、英国事業への影響は? 様々な混乱を懸念

2020/02/03 06:29 更新有料会員限定


Medium %e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%b3
新しい貿易の枠組みがどうなるのか、多くの企業が注視している

 1月末で英国がEU(欧州連合)を離脱した。20年末までの11カ月の間に、EUと新たな貿易の枠組みを交渉していくことになる。しかし、難航すれば、関税や物流の制約など様々な問題が生じる。英国で事業展開する日本の繊維・アパレル企業も今後の成り行きを注視している。

(高田淳史)

 ワコールホールディングスは、欧州事業の司令塔となるワコールヨーロッパの本拠を英国に置く。売上高は約1億ユーロ と大きい。買収した英国の旧イヴィデングループが母体のため、現在の販売は英国、アメリカが多いが、今後はドイツ、イタリア、スペインなどの販売拡大を重点方針に掲げている。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop