量販店向けレディスアパレル21年春夏商談 発注抑制が鮮明に

2020/09/29 06:28 更新有料会員限定


Medium %e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b9 %e3%82%bd%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%af

 量販店や専門店チェーンを主販路とするアパレルメーカーの21年春夏商談が厳しさを増している。コロナ禍の終息が不透明なこともあり、GMS(総合小売業)や専門店チェーンのバイヤーが先物発注を控える傾向が鮮明だ。

(森田雄也)

 名古屋地区の有志のレディスアパレルメーカーによる「シグマ展」(9月8~11日)では、「大手GMSの出張自粛が継続」「通販や大手専門店チェーンの現場バイヤーが少ない」などの声があった。「実績の半分しか来場がない」企業もあり、緊急事態宣言解除もあって熱気に包まれた6月展とは状況が一変した。

 9月展は春夏物商談が中心。だが全体的に反応は鈍い。「トレンチコートやオケージョン品は弱含み」(クロスプラス)、「引き付け型の傾向が強く、商談はまだまだこれから」(タキヒヨー)といった声が大方を占める。「この感じだと例年より1カ月は商談が遅れる」と不安も漏れる。バイヤーとの商談はZoomやメールを駆使している。しかし、「パワーが出し切れない」「最後の一押しが弱い」と各社口を揃える。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop