【PR】ゴールドウイン 進化し続けるブランドのEC変革を探る /コロナ禍でも過去最高益水準

2021/11/29 00:00 更新


(左)株式会社ゴールドウイン 経営企画本部システム部 ITストラテジーグループデジタルテクノロジーチーム リーダー 冨田 良介 氏
(右:聞き手)株式会社AMS カスタマーサクセス本部Account Management 2部課長 日暮 嘉美 さん

 アパレル業界が不況にあえぐなか、コロナ禍というさらなるマイナス要因が業界を襲いました。株式会社ゴールドウインも2020年春には直営店の大半を臨時休業としながらも、秋以降には息を吹き返し、2021年3月期連結業績では、過去最高益だった20年3月期とほぼ同額の利益を確保。アウトドアウエアが、日常にも浸透しつつあるなかで、「THE NORTH FACE」ブランドを筆頭に業績を伸ばしています。2020年7月にリプレイスした公式ウェブストアも好調。今回、リプレイスを陣頭指揮したシステム部 ITストラテジーグループの冨田良介氏にお話を伺いました。

課題山積のEC事業。取り組んだのは「オムニ会議」

―ECシステムリプレイスのコンペが2019年の春でした。冨田さんは、その少し前にゴールドウイン社へ入社されたと伺っていますが、それまでのご経歴と合わせて教えていただけますか?

冨田:当社に入社する以前は、外資系の総合広告代理店でデジタル開発案件のプロジェクトマネージャーをした後、アパレルメーカー、消費財メーカーでのEC事業責任者を経て、2019年1月にゴールドウインに入社しました。現在はデジタルの取り組み全般に関係する各プロジェクトに参加しています。自社ECシステムのリプレイスは入社してすぐに着手した大きな案件でした。

 ゴールドウインに入社する前の面接の段階から担当する複数の大きなプロジェクトの存在は告げられていましたが、なかでもECシステムのリプレイスが最も重要度が高いプロジェクトに設定されていました。

早期解決に上げた課題は300以上だったと冨田 良介さん

―当時、貴社のECではどういった課題があったのでしょう。

冨田:解決すべき重大な課題は、実はとてもたくさんありました。トピックだけ並べてみても、インフラ環境の脆弱性、予約販売などECサイトにおける実装品質や販促機能の不足、システムアップデートの遅れ、UX/UIの改善、その他バックオフィス側でも顧客データベースの使い勝手の改善や管理画面の運用環境も改善の余地がありました。短期的に実行できる改修環境も整っておらず、課題は山積していました・・・。

  • リプレイス後の効果は
  • EC在庫を使った客注システムが店舗でも人気
  • 一緒に課題を理解するベンダーとは
  • 「後はマニュアルで」では終わらないベンダーとの関係…etc

続きはこちら

お問い合わせ先


株式会社AMS

企画・制作=繊研新聞社業務局

関連キーワードデジタル


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

Btn gotop