「アメリカンホリック」、春夏1990円の商品を5割へ

2018/01/04 04:27 更新


Medium %e3%82%a2%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%83%9b%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%af18%e5%b9%b4%e6%98%a5%e5%b1%95%e7%a4%ba%e4%bc%9a  1
1990円の構成比率を5割へ高める「アメリカンホリック」春物

 ストライプインターナショナルのレディスSPA(製造小売業)業態「アメリカンホリック」が、今秋冬も好調だ。商品のコストパフォーマンスをより高めて、既存店売り上げは2ケタ伸長した。来期(19年1月期)は店舗数100を超えるため、発注数量メリットをより活用し、価格と質の両立に磨きをかけ、30~50代女性のデイリーブランドの立ち位置を構築する。

【関連記事】ストライプインター、藤田ニコルの「ニコロン」販売

 同業態は15年11月に立ち上がり、この2年間順調に売り上げを伸ばしてきた。スタートから素材をリスクを持って発注し、ミセス層がおしゃれに望む色・柄・デザインのこなしを考え、買いやすい価格での販売を徹底してきたことが、支持されている要因。特に戦略商品は4~6カ月以上前から計画生産を行い、質と価格の両面で競争力を高めている。

 今期は34店増えて72店。新店の分が上乗せされるため全体売り上げは前期比約2倍で、既存店では約20%増びた。秋冬販売では10月の既存店は客数・客単価とも上昇、11月は感謝祭を行って38%増と、セールでの集客も高まっている。

 3年目となる18年は、より価格と質の両立を追求する。特に中心価格である1990円を、春夏から構成比2割から5割へと高める。「4000円でトータルコーディネートできることを使命とし、その出費で全身おしゃれできることをブランド価値にしたい」と浅見幸宏アメリカンホリック事業部ブランドマネージャー。素材の質・機能を備えた超長綿Tシャツは1290円、ウォッシャブルニットトップは1990円で販売する。

 来期の出店は40~50店を計画し、春はすでに24出店が決まっている。立地は広域型SCが中心としているが、都市の私鉄沿線駅ビルに出店して売り上げがいいため、駅ビルや主要都市の地下街などへも広げていく。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop