イオンスタイル検見川浜、あす開業 全館シニア向けで

2017/11/22 04:26 更新


Medium %e3%83%90%e3%83%83%e3%82%b0

 「18の商品部門ごとに品揃えを変えている」とは、全館をシニア向けの売り場で構成して23日に開業するイオンリテールの“G・G”(グランドジェネレーション)店舗、イオンスタイル検見川浜(千葉市)の津久間利治店長。シニアに照準を合わせて品揃えを通常の店舗と大きく変える。

【関連記事】イオンリテールが今年もブラックフライデー

 レディスパンツの9割をストレッチにし、力を入れる帽子はハットの比率を3割程度に抑えキャップを7割にした。バッグも通常は大半を占めるハードの比率を抑えてソフトと半々にしているという。ニーズの分析に基づいて独自対応を進めた。

 コミュニティースペースの設置、毎日のラジオ体操、さらには「暮らしのパートナー」として、電球交換、建具の修繕などを行う住まいの御用聞きサービスも行う。独自の品揃えに加えた機能でシニア層の多い地域での定着を目指す。

 「午前中にもう一つのピークを作りたい」。G・Gにライフスタイルを打ち出しながら年間400万人の集客を見込む。

ソフトタイプを増やしたバッグ売り場
住まいの御用聞きも行う

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop