アキレス 米ランニング靴「ブルックス」で新販売戦略

2019/06/19 06:29 更新


Medium %e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e5%95%86%e5%93%81

 アキレスは18日、20年春夏から国内におけるシューズ総販売代理店を務める米ランニングブランド「ブルックス」で、新たな販売戦略を発表した。ブルックスの高い機能性を消費者に分かりやすく伝え、商品選択をしやすくするよう「旗艦モデル」の設定など四つの柱を設定。20年春夏にはレース用トップモデルも出す。

 スポーツ量販店や専門店、百貨店などへ卸売りし、22年には700店で20万足を販売、国内売上高30億円(小売りベース)を目指す。

【関連記事】伊藤忠商事 米「ブルックス」の独占輸入販売権を取得

 新戦略では、①柔らかくへたりにくい軽量EVA(エチレンビニルアセテート)ミッドソールを使った「ゴースト12」と、ソール上のかかと部内外に配したEVAスタビライザーで理想的な足運びを促せる「アドレナリンGTS20」を旗艦モデルとして販売②これまで国内展開のなかった1万円前後の割安モデルをスポーツ量販向けに販売③レース用トップモデルを20年春夏にテスト販売し、秋冬に本格投入④トレイルランニングモデルの再投入と著名アスリートとの契約――を進める。初年度は450店で8万5000足、2年目は600店で11万足の販売を見込む。

「旗艦モデル」の設定など四つの柱を設定

 同社はこのほど、ブルックスの独占輸入販売権を持つ伊藤忠商事と、同ブランドの日本国内におけるシューズの総販売代理店契約を締結。17年に発売したオリジナルのリカバリー型シューズ「メディフォーム」とともに、ブルックスを拡販し、ランニングシューズ市場を本格的に開拓する。

 1914年に誕生したブルックスは、2000年からランニングシューズ事業を本格化。2010年からは米ランニングシューズ専門店における大人用シューズカテゴリーで1位のシェアを守る。世界50カ国以上で販売し、売上高は約800億円。

新戦略発表会に臨んだ伊藤守アキレス社長(左)、米ブルックスのリリアン・ヤマサキ「ブルックス」インターナショナルマーケティングマネージャー、福嶋義弘伊藤忠商事執行役員ブランドマーケティング第二部門長

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop