【21年春夏パリ・コレクション】エルメス ミニマルに秘めた構築性

2020/10/07 06:29 更新


Medium %e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%82%b9 %e3%83%9f%e3%83%8b%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%81%ab%e7%a7%98%e3%82%81%e3%81%9f%e6%a7%8b%e7%af%89

〈フィジカル〉

 鏡に包まれた空間になだらかな坂、いくつもの柱。カレイドスコープの中のテアトル(劇場)のような演出で、エルメスのショーが開かれた。

【関連記事】21年春夏パリ・コレクション ブランドの伝統を背景に

 自由の再考をコンセプトに、服と体の新しいつながり、新しいエスプリを探求したコレクション。セカンドスキンのような質を極めたレザーと天然素材で、純化したスタイルに仕上げた。ストレートなシルエットのブラウンのラムスキンコートはメゾンを象徴するタブスタイルの留め具と馬具のボタン。ポロスホワイトのストレッチシルクニットのボディースーツとラムスキンのミニスカートにコースタルブルーのカシミヤのダブルフェイスジップコートを羽織り、春空のような軽やかなスタイリングを描く。足下にもポロホワイトのサボ。一見、ミニベストとタックパンツのアンサンブルは、後身頃とパンツをつなげたグレンチェックのジャンプスーツ。タブリエは丈を伸ばしながらサロペットやコートへと変化する。

 コロナ禍で「プロテクション」を取り入れたコレクションが多い中、アーティスティックディレクターのナデージュ・ヴァンヘ・シビュルスキーは、バックレスやヒップを大胆にくり抜いたボディースーツ、バンドで体に自由をもたらし、未来への静けさと確信を表現する。フィナーレではゴダールの「軽蔑」のメインテーマのリミックスが流れた。



(パリ=松井孝予通信員)

〈デジタル〉

 エルメスのショーのデジタル配信を前に、シーズンのコンセプトを伝える分厚いスクラップブックが届いた。移ろいゆく淡色の空、彫刻、アマガエル、ダンスの躍動感、そんな写真がちりばめられている。そのスクラップブックとともに見たデジタルショーは、エルメスらしいレザーを軸にしたコレクション。ハーネスモチーフのドレスにレザーのチューブトップ、たくさんのベアバックトップといったデザインが目立つ。ワントーンの静かな色で見せる新作は、ここ数シーズン見た中で最もミニマルなライン。

 しかし、それゆえにカットが際立つ。ベアバックトップは背中だけでなく腰骨をあらわにして、ウエストからヒップへの大胆なコントラストを描く。静かな色に秘めた構築性が、このメゾンに連綿と受け継がれる美の象徴のように感じられた。


(小笠原拓郎)


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop