20年春夏トレンドチェック:結果 クリーンなスタイルがヒット

2020/08/06 06:27 更新有料会員限定


Medium %e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%89%e6%96%b0%e5%ae%bf%e5%ba%97%e5%85%83%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf
ローズバッド新宿店

 有力ショップに聞いた20年春夏の結果は、発注時から期待が高かった色柄や装飾を抑えたクリーンなスタイルの「シンプル、ピュアネス」がヒットした。これに連動して色は白やベージュ、パステルカラーの反応が良かった。アイテムはブラウスやシャツに加え、さらりとしたドレスやかごバッグが売れた。今回は新型コロナウイルス感染拡大による休業の影響も考慮し、ECの売れ筋も含めた。

(関麻生衣)

【関連記事】20年春夏トレンドチェック:発注 シンプルでクリーンなスタイル

 トレンドテーマの1位は「シンプル、ピュアネス」だった。そごう・西武は「自粛が明けてから夏物のニーズが活発になった」。その中で、ベーシックやシンプルな方向にトレンドが回帰し、リネン混のゆったりとしたシャツやTシャツ、体を締め付けないジャージードレスが動いたという。

 2位は「アーバンユーティリティー」で立ち上がりから引き続き支持された。実用的なアイテムは、立ち上がり時は冬物がまだ残る店頭で「春先から初夏まで長く着られるもの」として求められたが、コロナ禍で家で過ごす時間が増え、カジュアルで楽に着られる服のニーズが伸びた。3位は大地や自然を連想するようなアースカラーと天然素材で作るナチュラルなタイルの「ナチュラル、プリミティブ」だった。


この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop