16年春夏NY・コレクション3

2015/09/17 06:47 更新


Medium coac rtw ss16 0296

クラフトタッチの繊細な雰囲気

 【ニューヨーク=小笠原拓郎、杉本佳子通信員】16年春夏ニューヨーク・コレクションは、クラフトタッチの繊細な素材を生かしたコレクションが目立つ。レースにクロシェ、刺繍にパッチワーク、はぎ合わせ。手仕事を生かしたナチュラルなタッチと上質感でオリジナリティーを強調する。

トリー・バーチ
トリー・バーチ

 トリー・バーチはクラフトタッチの繊細な素材を生かしながら、ほんのりとオリエンタリズムを感じさせるコレクションを見せた。レースのセットアップにタッセルヘムのトップ。ストライプのシャツやシャツドレスは胸元に刺繍を飾る。

 スモッキングと刺繍を組み合わせたベアトップとスカートのセットアップなど、繊細なテクニックを生かしながらナチュラルな気分を漂わせる。ラメや箔(はく)ゴールドが淡く重ねられたドレスは、ゆるやかに流れるフルイドライン。

 

コーチ
コーチ


 スチュアート・ヴィヴァースによるコーチが、レディスでもショー形式で新作を見せた。パッチワークレザーやパッチワークフラワーをベースにしたシンプルでフェミニンなラインを揃えている。セミフレアにミニドレスやミニスカートのガーリーなラインがメーンで、花柄を切り替えた素材で軽やかな春を演出する。

  合わせるのはコーチらしいレザーを使ったライダーズジャケット、スエードの切り替えブルゾンなど。足元もパッチワークレザーのブーティーやショートブーツでまとめる。ランドスケープ柄のセーターもキュートなイメージ。上質で機能的、若々しいスタイルは新しいコーチを印象付けるが、もう少しアイテムの展開に幅があってもいい。

続きは繊研新聞で

「16年春夏繊研レディストレンドセミナー」お申込みを受付中


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop