銀座の百貨店でゆかた商戦スタート 今年は柄で

2018/05/17 05:57 更新


Medium image2  2

 松屋銀座本店と三越銀座店でゆかた商戦がスタートした。「花火大会や夏祭りといった夜のイベントだけでなく、最近は昼間から着て出かける人が増えている」(松屋)として、ショッピングや食事会などを想定したゆかたの販売に力を入れる。

【関連記事】松屋銀座 会員制パターンオーダースーツの狙いとは?

 松屋はインパクトのある柄の商品を充実させた。エスニック調やグラフィック、古典柄の現代風アレンジといったモダンなゆかたや、金魚や猫、クジャクなどの柄を大胆に入れたものなどがある。今年のゆかたの売り上げ目標は約8000万円で、中心価格は3万8000円。7月の最盛期には約20ブランド、1000着を用意する。

 三越はアーティストと協業した個性的なゆかたを目玉にする。陶芸家でアーティストの鹿児島睦氏が手がけたオリジナルのゆかた(4万1040円)は、愛媛県松山市の道後温泉、東京・銀座の二つの町から着想してデザインしたという。道後温泉で開かれるアートの祭典「道後オンセナート2018」にも特別作品として参加してアピールする。

毎年恒例のゆかた姿で客の出迎え(三越)
松屋は柄で訴求する

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop