【マスイユウのYUラブCPHFW】世界のインフルエンサーがプレゼンター

2021/03/30 06:29 更新有料会員限定


Medium 21 22%e5%b9%b4%e7%a7%8b%e5%86%ac%e3%82%b3%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%82%b2%e3%83%b3 %e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3 %e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%af %e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%81%8c%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc

 21年春夏はフィジカルとデジタルをミックスした、世界初のハイブリッドで開かれたコペンハーゲン・ファッション・ウィーク(CPHFW)だったが、21~22年秋冬は完全デジタルとなった。前回に続きウェブサイトは見やすく、配信されるショーが時間になると次々と上がってくる。ショー直後にはジャーナリストやバイヤーがホストとなり、デザイナーとのライブ映像をリモートで行った。世界のインフルエンサーがプレゼンターになり、ショー直前にリンクをつけた紹介映像をインタグラムストーリーズに投稿する試みも。様々な方法でインタラクティブでエンゲージメントを上げる取り組みをしていた。

(ライター・益井祐)

【関連記事】ロンドン・デザイナーの21~22年秋冬コレクション 体やシルエットを探究=JWアンダーソン

 デンマークを代表する「ヘンリック・ヴィブスコフ」はパリ・メンズコレクション中にイメージ映像を発表したこともあり、普段のパフォーマンスアートを交えたコンセプチュアルなプレゼンではなく、ランウェースタイルでガーメントにフォーカスした映像を見せた。表情豊かなコレクションで、ランドスケープ柄のジャカードのように、テクスチャーに富んだ素材を使用している。アイシングのかかったカップケーキを思わせるニットドレスなど、フードのモチーフがニットの編み模様やプリントで表現された。

ヘンリック・ヴィブスコフ

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop