3D足形計測の「ユアフィット365・イセタンメンズ」 百貨店の接客を組み合わせ、新たな購買体験

2020/03/27 06:28 更新有料会員限定


Medium %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5   2020 03 26t174313.664

《販売最前線》3Dで足形を計測する「ユアフィット365・イセタンメンズ」 百貨店の接客を組み合わせた新たな購買体験

 自分の足に合った靴のニーズが年々高まり、様々な企業が足形の計測サービスに乗り出している。三越伊勢丹は、3D足形計測サービスを拡充している。19年8月に伊勢丹新宿本店の婦人靴売り場で始めた靴のマッチングサービス「ユアフィット365」に続いて、今年3月25日に伊勢丹メンズ館の紳士靴にも導入した。「ユアフィット365・イセタンメンズ」で、実際に記者もサービスの流れを体験。百貨店の接客と計測サービスの組み合わせが、靴の新たな購買体験を作り出している。

(海藤新大)

【関連記事】伊勢丹新宿本店 宝飾品と婦人靴売り場を改装オープン

■木型データを取り寄せ

 ユアフィット365が他の計測サービスと大きく違うのは、靴を作る際の木型データをメーカーに提供してもらうことで、より高精度なマッチングを実現している点だ。これまで、ブランドそれぞれで足形を計測しマッチングするサービスは多くあったが、「ブランドをまたいで靴の木型データまで連動させて自分の足に合った靴を探せるサービスは他にはない強み」(田畑智康紳士MD統括部新宿紳士営業部ショップ担当紳士靴バイヤー)という。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop