八木通商・八木雄三社長 〝エクセレント〟土台に独自性打ち出し活性化

2021/07/07 06:30 更新有料会員限定


Medium %e5%85%ab%e6%9c%a8%e9%80%9a%e5%95%86 %e5%85%ab%e6%9c%a81

 繊維専門商社、八木通商の八木雄三社長はアフターコロナのファッション市場に対して「基本的なところは何も変わらない」と言い切る。〝プロダクトエクセレント(素晴らしい製品)〟をベースにした独自性の高い商品によって、再び活性化するとの確信からだ。

(北川民夫)

繰り越し需要つかむ

 世間ではコロナ禍を経て市場が大きく変わると物知り顔で吹聴する向きがあるが、私は消費者心理は全然変わっていないと見ている。確かにECは伸長し、在宅によるラウンジウェアのニーズは高まったが、マーケティングの基本的なところは何も変わらない。消費者は今、商品を買いたくて仕方がないはずだ。コロナ禍が明ければ購買意欲が湧いて、今まで抑制されていた〝ペントアップデマンド(繰り越し需要)〟が一気に広がるだろう。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop