≪終了しました≫【無料オンライン配信】好評につき第二弾!「Before Corona=Before DX」と「After Corona=After DX」

2020/06/03 06:00 更新


当セミナーの申し込み受付は終了しました


 先が見通せない昨今の状況下においてアパレル各社が売上・利益が下がるから投資を控えようというのが大勢と思われます。しかし、世界のアパレル企業を見渡すと、欧米・中国のセントリックソフトウェアでは新規顧客を獲得している現状です。一時的な利益縮小があってもビジネスの再開に合わせて今のうちに強いIT基盤を築くことを狙っています。

 今だからこそ必要なITへの戦略投資をテーマにオンライン対談を行います。

主催:セントリックソフトウェア

メディア協力:繊研新聞社

ー概要ー

【タイトル】「Before Corona=Before DX」と「After Corona=After DX」~不確実性への対応~

【アジェンダ】 

- AC(After Corona)に起きること-不確実性の増大

-なぜ今DX(デジタルトランスフォーメーション)を提言するのか?

  • 市場環境や顧客の嗜好が移り変わるスピードは年々早くなり、あっという間に市場が変化する。
  • 過去の成功体験が通用しない「不確実性」と言う時代
  • こうした不確実な要素が増え続ける時代にビジネスを維持し、成長させていくためには、環境の変化にいち早く対応できる体制作りが急務であり、ビジネスのスピードを圧倒的に速める必要がある。

-AC時代のDXの本質

  • デジタル技術を駆使することで「ビジネスの圧倒的なスピードアップ」=「時代に取り残されない」を目指す取り組み。
  • 高頻度・多接点でデータを収集し、製品やサービス、ビジネスプロセスなどを高速・高頻度で改善していくことで、「不確実性」のビジネス環境変化に即応できるようにするための投資。

-BDXとADXの違いとは

  •  「Before Corona=Before DX」=生産性向上やコスト削減、期間短縮などを主たる目的。IT投資=コスト、経費と言う認識。部分最適が多い。
  •  「After Corona=After DX」=変化への即応力や競争力、新たな価値の創出などを実現するためのもの。運用、使用も含めた全体最適が必須。

【配信日時】2020年6月18日(木) 13:30~14:30(質疑応答は15:00まで延長予定)

【参加費】無料

お申し込みはこちら

ー登壇者ー

●Centric Softwareコマーシャルディレクター 荒井基宏 氏

●繊研新聞社 編集局長 矢野剛


ー視聴方法ー

下記よりお申込みページに進んでいただきお申し込みください。お申し込みいただいた方々に別途メールにて動画視聴用のログインIDとパスワードを送付させていただきます。

お申し込みはこちら

ーお問い合わせー

繊研新聞社 セミナー事務局

e-mail:70th-ux@senken.co.jp

〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町31-4

【セントリックソフトウェア関連情報】

アパレル企業の営業再開への5つの取組み、将来の逆転・リードを決める~服飾企業は感染症終息後、どのようにして迅速に情勢を変えていくのか~


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop