アパレル企業の営業再開への5つの取組み、将来の逆転・リードを決める ~服飾企業は感染症終息後、どのようにして迅速に情勢を変えていくのか~

2020/03/30 05:00 更新


Medium shutterstock 1081970570

アパレル企業の営業再開への5つの取組み、将来の逆転・リードを決める

服飾企業は感染症終息後、どのようにして迅速に情勢を変えていくのか

Written by Ana Kang, China Business Consultant at Centric

【PR】突如発生した感染症の流行は、あたかもすべての人が一時停止ボタンを押されたかのようです。しかし、人生に一時停止ボタンはありません。競合相手は休業期間を終えてから一緒に楽しく歩き出すのを待ってはくれません。企業にとって、今日の一歩の差が、明日には天と地ほどの差になります。そのため、多くの企業はすでにリモートワークで営業を再開しており、企業運営を実現し、操業が停止していたとしても各自の仕事は停まっていません。

営業再開後の取組み

1.年間販売期間の短縮、商品再考・再編の考え

販売期間を1か月、ひいては2か月も短縮する必要があるという事実は、この感染症流行状況において仕方がないものですが、元々の商品計画はまだ将来のニーズに合っているのでしょうか?ローリング式の商品フローにおいては、各サイクルの商品状況について十分に把握できなければ、極端な方針を打ち出しがちになります。

Centric PLMソリューションは、様々な開発モデル、様々なチャネル、様々な組織構造の商品開発管理に適応すると同時に、実行するサイクルに商品開発カレンダー管理モジュールを持たせ、開発プロセスにおける計画、進捗、各サイクルのリスク予防に対して直感的な可視化管理とフォローアップを行います。商品開発に対してタイムリーで、正確な、情報が提供されるようにします。さらに商品コストに対しても直感的な管理を行い、利益の最適化、ムダの削減、質の高い監視を実現し、感染症終息後の業績牽引を力強く保障します。

資料請求はこちら

2.商品生産開始による資金難、生産販売サイクル調整の考え

企業の収益は大幅に減少しますが、コストや支出もそれに伴って減少するわけではありません。有限な資金を確実にすべて有効に使うために、多くの企業は本来の研究開発生産モデルを変え、「少量多種」集約型供給方式へと調整することで、資金難を緩和すると同時に、在庫効率を高めています。これは供給の予測と実施に対する極めて大きな挑戦です。

Centric PLMは過去の商品開発情報の収集と小売システムの集積を通じて、商品販売実績についてデータ比較を行い、ビッグデータを通じて頻繁に使用する原材料、引用するパターン、カラー、工程等がヒット商品になる理由がどこにあるのかをより正確に予測し、必要となる材料準備に対してデータによる裏付けを提供します。

また、Centricモバイルアプリでは、トレンド情報とマーケット情報のリアルタイム収集を実現し、開発中の商品との効果的な意見交換を行い、開発を主導します。

イノベーション可視化プラットフォーム(CVIP)上では企画構造と調達ポリシーを調整することによって、商品価値が最大化される組合せを実現します。

資料請求はこちら

3.従業員はいても材料がないことによる研究開発の停滞、仮想サンプル作成とレビューの考え

上流・下流の産業チェーンがすべてすみやかに復旧できず、工場が再開せず、企業には生産に使う材料もなく、商品の研究開発が停滞していて進展しなければ、生産チームや販売チームも商品の進捗に対して予測や事前準備をすることはできません。

Centric PLMは、2018年にはすでに3Dソリューションとの連携を完成させており、仮想3Dサンプル申請、制作、レビュー、共同作業を実現しています。すでにグローバルな広い範囲で普及・使用されており、これにより現在の営業停止・材料待機による進捗への影響を緩和できるだけでなく、同時に大量の時間コスト、人的コスト、原材料コスト等も節約できます。設計と試着サイクルの繰り返しは非常に速く、商品発売前により多くの設計案を評価できます。

資料請求はこちら

4.サプライヤーの営業再開が未定、情報共有化への考え

情報の一元管理は企業のプロセス効率を高めると同時に、様々な分野の良質なリソースを効果的にひとつに整理することによって、商品の多様化ニーズを実現し、サプライヤーの理解度に対して協力可能な業務レベルを決定します。

Centric PLMはサプライヤー管理モジュールを通じて、サプライヤーの資質、品質、コスト、納期等の管理に対してサプライヤーのKPI実績を定期的に公表し、どのように強みを維持して弱みを改善すべきかを企業とサプライヤーに明確に見せることが可能です。企業、サプライヤー、メーカー間の情報協力に対してビジネス流通におけるデータの正確性と一意性は非常に重要で、Centric PLM情報化プラットフォームは、協業時の情報伝達がタイムリーではない、正確ではない、ソースが異なるといった問題を徹底的に改善することができます。協業プロセスにおける意見は、オンライントークプラットフォームを通じてリアルタイムにやり取り、確認することができ、同時に結果物の引き渡しにおいて、フォローアップと進捗表示をすることもできます。

資料請求はこちら

5.企業の競争上の優位性を構築し、ブランド商品力を作り上げる考え

今回の感染症流行において多くの企業は様々な形式の販売チャネルを発掘しています。例えば、オンラインのミニプログラムやライブ配信による購買意欲の刺激等によって、すでにある商品が在庫になるリスクを解決し、同時に失った売上も一定程度補うことができます。今回のような未曾有の事態のなかで、一部のブランドも自身に合った別のチャネルを見つけています。では、これも私たちのチャネル分布のバランスを見直すタイミングではないでしょうか?オンライン、オフラインの商品ニーズは同じなのでしょうか?

Centric PLMは企業の商品ナレッジベースの管理を通じて、商品パターン、工程、素材、色彩等に対して企業のDNAを蓄積させ、知識の再利用を実現することによって商品を生み出し、設計、研究開発においてブランド力を生かし、次のチャネルマーケットに力強く出撃することを可能にします。

Centricは常にオンラインで、あなたを守ります。企業の皆様が寒い冬を越え、温かい春を迎え、実り豊かな秋なることをお祈り申し上げます。

資料請求はこちらから

資料請求をご希望な方は、以下のフォームに必要事項をご入力ください。ご入力の後、セントリックソフトウェア株式会社より資料データをお送りさせていただきます。

※同業他社などの場合、資料請求に対応出来かねる場合があることをご留意ください。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop