専門店メンズ5月の売り場観測 ビンテージ風Tシャツと開襟シャツ

2024/05/15 14:00 更新有料会員限定


 4月後半から気温が上昇し、売れ筋が一気に夏物にシフトした。トップは製品染めで色むらのあるボディーに古着っぽいモチーフをのせたTシャツが売れている。シャツは開襟シャツを推す店が多いが、アセテート混など清涼感のある無地のタイプや織り柄の入った生地のキューバシャツを推す店も多い。ボトムはデニム、チノ、ウール調の合繊など素材を問わず、ワイドストレートが引き続き目立つ。ショーツはワタリが太く、膝が隠れるくらいの丈を提案することで、素足を見せることに抵抗がある若年層の需要を狙う考えのようだ。足元は前季ヒットしたリカバリーサンダルに加え、「チャコ」や「キーン」などを推す店が増えている。(価格はすべて税込み)

【関連記事】専門店メンズ4月の売り場観測 シャツにワイドパンツ

ビームス原宿/アネックス

パジャマシャツに太ショーツ シャツ3万800円、スリーブレスTシャツ1万2100円「アンユーズド」、ショーツ5万600円「ロトル」、ブーツ2万8600円「ティンバーランド」
令和風グランジスタイル Tシャツ1万1000円「ハイスクリームセンター」、ジーンズ7万1500円「シュガーヒル」、スニーカー1万8700円「コンバース×ビームス」

シップス渋谷店

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定ピックアップニュース



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事