24~25年秋冬トレンド解説 ①ミニマル&ラグジュアリー シンプルを華やかに

2024/04/09 15:00 更新会員限定


 24~25年秋冬は引き続き、色数を抑えたシンプルなスタイルが広がっている。なかでもビッグトレンドとして注目されているのが、ミニマルなデザインのなかにラグジュアリーな要素が光る「ミニマル&ラグジュアリー」。手仕事や上質素材でエレガントに仕上げられている。

【関連記事】24~25年秋冬デザイナーコレクション 継続するトレンドが進化

 ミニマル&ラグジュアリーは、ここ数シーズン続くミニマルなスタイルの進化系だ。トレンドとなった「クワイエットラグジュアリー」の静かなイメージを引き継ぎながら、ほんのり華やかでドレッシーな雰囲気が広がっている。

 中心アイテムはエレガントなドレス。端正な仕立てのリトルブラックドレスが注目されている。シンプルなミニドレスやベアトップドレス、膝丈のシースドレス、セミフレアドレスなどが出ている。オケージョンドレスとして日本市場にもフィットしそうだ。

 ポイントはカッティング。首元はシャープな深Vネックやボートネック、クルーネック。クリーンなハイネックもある。袖はノースリーブやキャップスリーブが多い。すっきりとそぎ落としたデザインで、上質な素材と仕立ての美しさを際立たせる。

ヌメロ・ヴェントゥーノ
フェラガモ
ヴァレンティノ

 スタイリングもエレガント。足元はストッキングにワンストラップのパンプスが中心。ミニドレスにニーハイブーツを組み合わせると軽快さが加わる。ロンググローブを組み合わせたクラシックなスタイリングも新鮮だ。

関連キーワード会員限定ピックアップニュース連載



この記事に関連する記事