東レ 「ヒトエ」活用で暑さ対策の新サービス

2020/07/31 06:29 更新


Medium %e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%a2

 東レはゴールドウイン、NTTテクノクロスと連携し、東レのウェア型生体センサー「ヒトエ」を活用して暑熱環境下で体調不良の予兆を検知する「暑さ対策プロジェクトサービス」を8月から提供する。心拍数と衣服内の温度・湿度を同時計測できるシャツ型センサーとしては、初の商用化という。暑熱環境下での運動や作業を実施する企業や団体向けに体調管理ツールとして提案する。

 センサー付きウェアを着て活動した際、計測データを基に体調不良の予兆を解析し、スマホアプリで着用者に通知する。NTTテクノクロスが開発した小型センサーと専用アプリ、東レとゴールドウインが開発した専用ウェアを自由に組み合わせて使う。センサーとアプリ、ウェアごとに価格を設定。それぞれ1点ずつ組み合わせる場合は約5万円。サービス提供は、NTTテクノクロスが担う。

 ウェアに装着する新型の小型センサー「TX02」は12グラムで、最長で約50時間連続使用できる。従来の心拍数、加速度に加え、要望の多かった温湿度を計測する。

 ヒトエを活用した専用ウェアは、衣服の下に着用する。東レ製のTシャツ型とベルト型、ゴールドウイン製の「C3フィットインパルス」シリーズのノースリーブ型を揃える。C3フィットは従来品から改良し、吸水速乾素材を使い、背面をメッシュにすることで着用快適性を上げた。

 専用アプリ「ヒトエ暑さ対策アプリ」は、通知のほか、活動中にデータを見て休憩をとる目安にすれば早期対策にも有効。

 今後は、数百万人規模と推定される暑さ対策市場に向け事業を拡大する。

「TX02」を胸部に装着した「C3フィットインパルス」

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop