6/1(水)事業復活支援金の差額給付が開始!最大250万円(助成金なう)

2022/06/03 06:00 更新


Medium shutterstock 2009143655760

わたしたち株式会社ナビットは、全国の助成金・補助金情報の検索サイト「助成金なう」を運営しております。

このコラムでは、助成金・補助金の疑問や基礎知識をわかりやすく解説していきます!助成金・補助金に興味がある方は、是非ご参考ください!

*助成金なうの過去ブログはこちら

6/1(水)事業復活支援金の差額給付が開始!最大250万円

2022年6月1日(水)より、事業復活支援金の差額給付が開始しました。尚、事業復活支援金のすべての受給者が対象となるわけではなく、一定の条件を満たす必要があります。

申請対象者

(1)事業復活支援金の初回申請の際に用いた対象月(2021年11月~2022年3月のいずれか)の売上高が、基準月(2018年11月~2021年3月の同月)と比較して、30%以上50%未満であること

(2)初回申請を行った対象月の翌月以降、且つ初回申請をした日を含む月以降で2022年3月までのいずれかの月において、売上高が基準月より50%以上減少していること

(3)売上計上基準の変更や顧客との取引時期の調整と言った社内事情ではなく、国による営業自粛要請と言った新型コロナウイルス感染症による外部的影響が原因であること

申請できる例

(1)初回申請時

対象月:2021年12月、売上減少:30%以上50%未満、申請した月:2月に申請
→2022年3月の売上が基準月と比較して50%以上減少していれば申請可能。

(2)差額給付申請時

3月の売上が300万円、基準期間(※)の売上合計が1750万円、初回給付額は100万円
→差額給付額=1750万円-300万円×5カ月分-100万円=150万円

※2018年11月~2019年3月、2019年11月~2020年3月、2020年11月~2021年3月のうち基準月を含む期間

上限額

(1)法人の場合

年間売上1億円以下:100万円
1億円超5億円以下:150万円
5億円超:250万円

(2)個人事業主の場合

50万円

申請期間

2022年6月1日(水)から6月30日(木)まで

※6月1日以降に初回分を給付された場合、給付日の翌日から30日が期限


今後もよくある質問や、わかりにくい助成金・補助金の専門用語について解説していきます。

是非、ご活用下さい!

▽全国の助成金・補助金検索サイト「助成金なう」はこちらから!


 ナビットが運営するサイト「助成金なう」では、官公庁や地方自治体、財団・協会で公示されている全国各地の助成金・補助金を検索できる。また、旬な助成金・補助金のご紹介、助成金・補助金に関する疑問や基礎知識をわかりやすく解説するサービスも行っている。個人事業主や大手企業から、社労士や税理士など、業種・規模を問わず幅広い層が活用している

関連キーワードレポートプラス


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop