【専門店ランキング調査から㊤】営業利益 秋冬物の不振で減益基調

2019/08/21 06:29 更新有料会員限定


 繊研新聞社が実施した「18年度専門店ランキング調査」では、前年と比較可能な116社の合計売上高は4兆7043億円で前期比2.2%増だった。全体に売上高の伸び率が鈍化し、プロパー販売の落ち込みから粗利益率も低下し、営業利益は減益だった。

◆ユニクロがけん引

 営業利益は比較可能な71社合計が2720億2400万円で前期比1.8%減となった。71社中、増益は23社で、横ばい1社、黒字化4社、減益30社、赤字13社だった。減益や赤字となった企業が多い中、全体で1ケタ減益にとどまった要因として大きいのは、ユニクロの営業利益の伸びだ。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop