素材3分レッスン・スライバーニット

2015/05/06 07:33 更新


Medium 0cd4030d094a8695298fce7cce76a2241

 わた状のウールを編んだ生地

 「スライバー」と呼ばれる、ウールのわたの束を編んだ生地のこと。最大の特徴は、膨らみがあるが、エアリーで軽いこと。柔らかく、暖かい。以前からミセスのコートで使われていたが、キャリア層で新鮮と受け止められ、広がり出したのが3年前。コートやジャケットなどアウターから始まり、昨年はプルオーバーやワンピースなど中衣料でも多く使われた。

 スライバーとは、ウールのわたから糸を作る前の工程で、繊維を1本1本ほぐし、平行に揃えながら伸ばしたもの。ふわふわのひも風だ。ポリエステルなどの芯糸にスライバーを絡みつけたものを専用の機械で編むとされるが、詳しい製法はほとんど公開されていない。イタリア発祥で、マペル社やファーパイルイデア社が有名。

 プレーンな無地の他に種類も多く、太さが異なったり、軽く撚りをかけたりしたスライバーを使った凹凸のあるボーダー柄、染め分けたスライバーを使ったチェック柄や迷彩柄、ネップやラメをわたの段階で混ぜ込んだタイプもある。

 日本で流通する製品の大半がイタリア製の生地。専用機はパイル編みに近く、和歌山・高野口産地でも作れると推定されるが、機械を同素材専用にし、輸出を含め年間を通じて販売できなければ採算が合わないため、国内の商業ベースの生産は確認されていない。

「ザンパ」は、裏起毛したスライバーニットを使用
「ザンパ」は、裏起毛したスライバーニットを使用

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop