来店客動向解析ツールにRFID注目

2015/04/06 09:08 更新


Medium 04edacbdeda0f6dc83589aa1c1ef7468

 個別の情報を電波で読み取るシステム、RFID(ICタグ)がファッション業界でも注目されている。3月中旬には日本アパレル・ファッション産業協会(JAFIC)が都内で展示会を開催。これまで強調されてきた棚卸しや入出荷、レジ業務など業務効率の改善だけでなく、店舗MDの精度と来店客満足の向上を期待できるツールとして出展者がアピールした。

 会場で注目されたのは、日鉄住金物産が代理店となる米タイコの3Dカメラを使った来店カウンターと、米インピンジのUHF帯ICタグシステム「エックス・アレイ」。

 タイコの来店カウンターは、来店客の性別や身長なども判別してカウントする。あるグローバルSPA(製造小売業)企業ではレジ上に設置。レジの応援指示に使っているという。同社の統合データプラットフォームを使えば、エックス・アレイとも連携可能。リーダーライターとアンテナ一体の機器を天井に設置すれば、ICタグの動きを常時モニタリングする。棚卸し業務は不要になり、万引き対策にもなる。

(続きは繊研新聞で=お申込はこちら

《関連記事》
お手軽に、ICタグスターターキット
RFID、百万円で機器+ICタグ
尾原蓉子さんの全米小売業大会報告


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop