伊藤忠商事、KDDI、豊田自動織機など5社で物流新会社 リソースの共有・統合へ

2024/06/13 06:30 更新有料会員限定


貨物はハブ間の幹線輸送と、ハブとラストワンマイルを結ぶ端末輸送網を組み合わせて目的地まで届ける

 伊藤忠商事、KDDI、豊田自動織機、三井不動産、三菱地所は、デジタルデータの共有・標準化や、共同輸配送などで物流を効率化する仕組み「フィジカルインターネット」の事業化を共同検討する覚書を結んだ。24年度中の新会社設立に向け協議をしている。

(北川民夫)

【関連記事】伊藤忠、三井不動産、三菱地所など5社 「物流の2024年問題」対応で新会社設立へ

荷合わせで効率化

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約いただくと続きを読むことができます。

すべての記事が読み放題の「繊研電子版」
単体プランならご契約当月末まで無料!

今すぐ登録する

今すぐ登録する

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定ピックアップニュースデジタルニュース



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事