「繊維端材、有償で引き取ります!」強化プラスチック用で不足 樹脂成型の中原化成品工業が業界へ呼びかけ

2022/01/11 06:30 更新会員限定


Medium %e4%b8%ad%e5%8e%9f
端切れを破砕・裁断し、樹脂と混ぜて成型品に

 繊維リサイクルの意外な用途で、端材や残反が不足している。破砕した裁断くずを混ぜて使用する繊維強化プラスチック向けで、安定調達先がコロナ禍でストップしたためだ。工作機械の工具収納部品で国内8割シェアを持つ中原化成品工業(大阪市)の中本勝也社長は、「産廃に出しているものがあれば有償で引き取らせてほしい」と繊維業界に呼び掛けている。

 同社は熱硬化性プラスチックのフェノール樹脂の基材(チップ)や成型品を製造販売している。「安価なものには木粉、寸法安定性を出すにはガラス繊維が使われるが、コストと強度のバランスに優れるのは繊維」といい、圧縮耐性や耐衝撃性を高める強化材として繊維端材は欠かせない。中でも工作機械に使われる国内トップシェアの工具収納具「ツールポット」の高耐久・長寿命に貢献する重要な材料だ。

関連キーワード会員限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop