ナイガイ 販路別に展示会刷新 新規販路開拓へ

2019/09/17 06:26 更新


Medium %e6%9d%b1%e4%ba%ac%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%92%ef%bc%90%e5%85%ac%e5%bc%8f  1

 ナイガイは20年春夏物のチェーンストア向け展示会を、新規販路開拓を狙い、販路別展示へと刷新した。主販路のGMS(総合小売店)に加えて、スポーツチェーンやゴルフチェーン、カジュアルファッションチェーン店などに向けた販売を強化する。

(壁田知佳子)

【関連記事】靴下の脱ぎっぱなしは愛も冷めちゃう ナイガイ調べ

 スポーツチェーン向けはドイツのコンプレッションレッグウェア「cep」(シーイーピー)、「プーマ」「フィラ」「ファブリーズスポーツ」を揃える。cepはアドバイザーにプロランニングコーチの金哲彦さん、アンバサダーにラグビーのNECグリーンロケッツ秋山哲平選手を起用し、認知度向上を狙う。

 ゴルフチェーン向けにはワールドとライセンス契約をした「アダバット」を新規導入する。メンズとレディスの靴下のほか、帽子やサンバイザー、タオルハンカチ、アームウォーマーなど周辺雑貨もトータルで企画販売する。メンズソックスの中心価格は1500~1800円、レディスは1200~1800円。20年春夏から「ハローキティ」のゴルフソックスも導入する。

Caption goes here.

 カジュアルチェーン向けは、ベーシックな色柄や素材のカジュアルソックスのフィラ、楽しい色柄やスタイルのプーマ、雑誌の表紙をイメージしたプリントなど遊び心を加えた「プレイボーイ」が軸となる。

 GMS向けにはメンズで好調の「ファブリーズ」からレディス靴下を発売する。メンズと同じ「ダブル消臭加工」に加え、オーガニックコットン混の素材を使った優しいイメージのベーシックなショート丈やカバーソックスを揃える。3足1000円。また、足裏に穴を開けることで脱げにくい同社独自設計のカバーソックス「オープンソール」を、海外生産でコストを抑えてGMS向けに販売する。足裏に穴のあるデザインの面白さや、オリジナルキャラクターを制作して、若い世代に発信する。3足1000円。

足裏の穴の効果で脱げにくい「オープンソール」をGMS向けに

 整体・骨盤サロン「カ・ラ・ダファクトリー」との協業による商品は、姿勢をサポートするインソールや外反母趾(ぼし)用サポーター、足指を広げるアイテムなど、一般ユーザーに向けた商品を増やす。

 東京オリンピック・パラリンピックの公式ライセンス商品の靴下は約300SKU(在庫最小管理単位)を企画した。全競技のピクトグラムと、大会マスコットのミライトワ・ソメイティの競技ポーズをショートソックスにプリントした。インバウンド(訪日外国人)需要も考慮してメンズは25~29センチ、レディスは22~26センチ。子供は18~22センチ。1足500円。

公式キャラクターや競技のピクトグラムを靴下にプリントした東京2020公式ライセンス商品

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop