ミラノウニカの日本パビリオン 原料の風合い生かす 継続出展で認知に手応え

2024/02/06 06:30 更新有料会員限定


 2月1日に閉幕した国際素材見本市ミラノウニカ(MU)。日本ファッション・ウィーク推進機構(JFW推進機構)とジェトロ(日本貿易振興機構)が主催する日本パビリオン「ジャパン・オブザーバトリー」(JOB)にはコロナ禍前を上回る37社が出展した。

(三冨裕騎、写真=マルコ・ベルトリ)

【関連記事】25年春夏向けミラノウニカ 目立つ手仕事感や光沢、透け感の生地

 10周年を迎え過去最大の展示規模となった今回のJOB。「JOBは、イタリアには無い『日本ならでは』の生地を見られる場所。ハイクオリティーな素材見本市を構成していく上で、MU事務局からも期待されている」(古茂田博JFW推進機構事務局長)という。

 来場者の数は出展企業によって増減があったが、「リピーターがついてきた」「徐々に認知が広がってきた」と継続出展に前向きな声も多く聞かれた。なお、コロナ禍のため設けられた出展者不在エリア「JOBプラス」は、リアルでの商談の復活に伴い、今回が最後となる。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

申し込み当月購読料
無料キャンペーン実施中

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定ピックアップニュース



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事