LA合同展、メジャース・マーケット

2015/05/18 06:54 更新


キーワードは70年代とボーホースタイル

 ロサンゼルス(LA)のカリフォルニアマーケットセンターで、大手百貨店やチェーン店向けの展示会「LA 2015年秋メジャースマーケット」が開催された。ニューヨークなどからの参加も含み、様々なショールームが秋のジュニア商品を紹介した。

(ライター・藤本庸子)

 目立ったのはボヘミアンとヒッピーをミックスしたボーホースタイル。エスニック柄、レース、クロシェ、フリンジを施した商品があふれた。

 メイシーズ、ウォルマート、JCペニー、ウエットシールなどが買い付けたのはファストファッションの「オールモスト・フェイマス」。ボトムは70年代風のフレアパンツ、クロップトジョガーパンツ、ヨガパンツ。トップはボヘミアンとアメリカンヘリテージをコンセプトにしたデザインのもの。店頭価格9.99~44.99㌦。

 エスニック柄のポンチョを主力商品とした「セイ・ホワット? ニューヨーク」は、ノードストローム、メイシーズ、フォーエバー21などのバイヤーで連日にぎわっていた。29~39㌦。

 日本ではショップチャンネルで販売する「ブンブン・ジーンズ」も、レースやフリンジの付いた商品がメーン。新鮮なのは、「パンティ」と名付けたフレアパンツ(33㌦)。ヨガパンツとは違い、レーヨン・ナイロンストレッチで厚手なのが特徴という。デニムも70年代風フレアがバイヤーに人気だった。ダメージ加工のジーンズも強調している。

 マーチャンダイジングコンサルティング会社「ディレクティブズ・ウエスト」のサンディ・リッチマン社長は、「70年代とボーホースタイルがキーワードで、フレアのジーンズとフリンジを施した商品が主力。昨年はレザーがヒットしたが、今年は断然、スエードのパンツ、スカート、ジャケットが売れる」と予測する。

 リテール・コンサルタント&流行リサーチ会社「バーバラ・フィールズ」は、15年秋冬と16年春の250ブランドのトレンド商品を紹介した。バーバラ・フィールズ社長も秋冬は「ボーホースタイルが引き続き主流」と話す。

「エスニック柄のフリンジ付きブランケットコート、カーウォッシュドレス(自動洗車機のゴムのように、前身頃と後ろ身頃が開いて揺れる)、メタリックTシャツが新鮮。ダメージ加工ジーンズも売れる。ここ数年人気のクリスマスをモチーフにしたアグリーセーター(ダサいセーターをおしゃれに着こなすスタイルが流行中)は、今冬も売れ筋確実」。16年春は花柄のTシャツが注目される、と語った。

 次回の16年春展は10月5日から3日間。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop