ラヴィアドゥ クリスマス~梅春はソフトな女性らしさ

2017/09/14 11:00 更新


Medium resourceview  2

 レディスインナーメーカー、ラヴィアドゥ(東京)の17年のクリスマス向けは、花びらを表現したチュールレースと、ラメ糸のドットがきらめく華やかなデザインを「ラヴィアドゥ」から発売する。ブラジャーのカップやショーツのサイドに粗めのチュールレースをふんわりと寄せ、柔らかな女性らしい表情を出している。

【関連記事】インナーのラヴィアドゥが初のグラマーサイズ

 12月~18年2月に発売するラヴィアドゥと「ドメスティックアンダー」の梅春物は、ブルー、ピンク、朱赤、オレンジなど明るい色が揃う。12月はワイルドフラワーの花束のようなギュピールレース、1月はアイラッシュレースが特徴的なシリーズ、2月にはキュートなフラワーモチーフのインケミカルレースのシリーズを販売する。

 17年春に発売し、「予想以上に反応が良く、対応しきれないほどだった」(松村明子デザイナー)というフリーカットレースを使ったソフトブラのシリーズは、ベース色と刺繍糸の配色が異なる3パターンを作った。特に人気だったのはトマトのような朱赤をベースに赤糸で刺繍したタイプ。サイズは既存のMとLに加え、アンダーバスト65センチに対応する「SM」を追加した。

 17年秋に加えたグラマーサイズも好評だったため、ギュピールレースとインケミカルレースのシリーズはGカップまで揃える。

ワイルドフラワーの花束をイメージした個性的なレースを使った「ラヴィアドゥ」の新作




Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop