アイランドのバッグ「カービングトライブス」、伸びる

2017/05/19 06:28 更新


Medium %e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%93%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96%e3%82%b9

 アイランドのレディスバッグ「カービングトライブス」が伸びている。今春夏の販売は前年と比較可能な阪急うめだ本店の売り上げが前年比30%増を超える勢いだ。 

 同ブランドは手彫りとハンドステッチが特徴のメキシコ生産の牛革バッグ。彫刻の立体感やクラフト感が人気になり、14年のスタート以来、順調に伸びてきた。定番の伝統的な草花柄のハンドバッグ「マエストラ」(S=3万2000円、M=4万5000円)が安定して売れている。

 加えて昨年はより細かな柄の「オフェリア」、さらに今春にはフルーツ柄などの新柄も投入するなど、新しい企画を加てファンを広げたのが要因だ。物作りのこだわりを徹底し、メキシコでの生産能力を徐々に増強しているが、能力に応じた店舗展開にとどめていることも安定感の背景にある。

 中でも関西で根強い顧客を開拓、阪急うめだ本店のショップは年間1億2000万円を売り上げている。昨年は新宿マルイ、高島屋大阪店、ルクア大阪にも出し、ルクア大阪は阪急うめだ本店に迫る売れ行きだ。今年の4月末に有楽町マルイに期間限定店を出し、関東でのファン拡大にも力を入れている。

 4月末からはスマートフォンを収納できるモバイルケースを発売、1週間で約150個が売れたため、今後新規客を掘り起こす上でも拡販する。生産能力の増強しだいだが、来春には約5の出店を検討している。

人気の定番バッグ「マエストラ」やモバイルケース

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop