デラックスウエア 初の福袋で新規客開拓へ

2017/12/25 11:00 更新


Medium resourceview

 アメリカンカジュアルメーカー、デラックスウエア(秋田県大館市)は初の福袋企画(4万円)を来年1月1日から卸し先の専門店50店とオンラインサイトで400個限定販売する。

 従来の常連顧客だけでなく、こだわりの純国産アメカジ商品に関心のある層への「お試し企画」として新規客の開拓も狙う。

 村松隼人社長は「通常、福袋は在庫や売れ残りの余り物などを大幅に価格を下げて販売するものが多いが、今回は福袋専用に新たに商品開発し、この企画でしか買えない商品を用意する。さらに事前に中身を公表することで安心して購入できる。既存顧客の予約だけで完売してしまうと来店促進につながらないため、発売前の予約は受け付けない」という。

 福袋の中身は自社ブランド「デラックスウエア」で国内産地と協力して作り上げたこだわりの商品となる。ウェアはXSからXXXLまで7サイズ揃える。ネルシャツは新潟県見附の黒白チェックのヘビーなネル生地に水牛の角から削り出したオリジナルボタンが付く。デニムジャケットは岡山県井原の10.5オンスデニムにヤシの実から削り出したオリジナルボタン、真鍮(しんちゅう)製ファスナーを付ける。パッケージとなるデニムバッグは岡山県の児島で作った14.3オンスデニムと厚手綿テープを使う。ドットボタンや革パッチなどパーツも日本製。全てのアイテムは秋田県大館市の自社工場で縫製した。

事前に公表した福袋企画は純国産のネルシャツとデニムジャケット、デニムバッグ



Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop